つむじのはげを治す方法

夏は頭皮、髪にとって危険な時期です。ここでは夏に特に気をつけたい頭皮・つむじのケア方法を紹介します。

つむじのはげを治す方法 > 夏に気をつけたいつむじはげのケア

夏は頭皮、髪にとって危険な時期です。ここでは夏に特に気をつけたい頭皮・つむじのケア方法を紹介します。

夏はどうして危険なの?

暑い夏にまず問題となるのが強い紫外線です。

女性の方は日焼け止めは毎日塗っていると思いますが男性ではなかなかそこまで気を使えていない方が多いと思います。

実際私も薄毛が気になるまで日焼け止めなんて海に行く時くらいしか塗ってませんでした。

実はこの紫外線が頭皮には大きなダメージをあたえてしまうんです。


具体的には頭皮の炎症です。

頭皮が炎症を起こしてしまうと、髪を作るサイクルが乱れたり、抜け毛が増えたりしてしまい薄毛を進行させてしまうんです。

そして髪自体にもダメージを与えてしまうので髪質自体もパサパサしたものになってしまいます。

髪があるから紫外線は防いでくれるんじゃない?と思うかもしれませんが実は髪は顔の3倍の紫外線を受けています。

ケアをしないと深刻なダメージを受けてしまいます。


紫外線と同じように気にしたいのが汗です。

頭皮は特に毛穴が多いのでその分汗もでやすいです。

すぐに乾くような環境にいればいいですが、濡れた状態が続くと頭皮が弱ってしまいます。

また放置しておくと臭いも気になります。

汗を防ぐのは難しいと思うので、ハンカチやタオルなどでこまめに拭くようにしましょう。

一日中帽子をするのは平気?

紫外線対策としてまず浮かぶのが帽子だと思います。

ですが、帽子では紫外線は防げても蒸れやすくなってより汗がでちゃんじゃないかと思うかもしれません。

「紫外線」と「帽子の蒸れ」

これがどちらが頭皮に悪いかというと、「紫外線」です。

それだけ「紫外線」は肌にダメージを与えてしまうんです。

可能であればよく外出するときは帽子をかぶるようにしましょう。

ただし、ずっっっっとかぶったままだと蒸れてしまうのでたまには脱いで頭皮の汗を拭いたりしてケアをしましょう。

夏にしておきたい頭皮のケア

夏にオススメしたいケアとして帽子をあげましたが、仕事中は帽子をかぶることはできないという方もいると思います。

私も平日はスーツで外回りが多いので、帽子なんてありえません。

かといって男で日傘もいまいちだなぁと思います。(最近は男性でも日傘をする人は多いみたいですが)


そんな帽子が日常的にかぶれない方におすすめしたいケア用品が「日焼け止め」です。

そのまんまなんですが、最近では塗るタイプのものではなくてスプレータイプの日焼け止めも結構あります。
(女性にとっては常識だと思うんですが、男性だとなかなか知らない人も多いと思います。)

こういったスプレータイプであれば、直接頭皮につけられるので簡単にケアができます。

ただし、朝つけてずっと効果が続くものではないので、常に携帯して外出前にシュッとするのがいいです。


スプレーも面倒だ!という場合は、最近では飲むタイプの日焼け止めもあります。

これはサプリメントのように飲んで効く日焼け止めです。

これであれば頭皮だけではなく、全身に効くので便利ですね。

飲んでから30分後から2時間ほど効果が続くものが多いです。