つむじのはげを治す方法

実はシャンプーのやり方が間違っているケースが多いです。ここではつむじのはげに効果的なシャンプーの方法を紹介します。

つむじのはげを治す方法 > つむじはげに効果的なシャンプー

実はシャンプーのやり方が間違っているケースが多いです。ここではつむじのはげに効果的なシャンプーの方法を紹介します。

こういうシャンプーのやり方はNG

薄毛が進行している場合は頭皮や髪の毛自体が弱くなっているケースが多いです。

健康的な髪の毛をもつ人であれば問題ないシャンプーも薄毛の我々がやってしまうとよりはげを助長してしまう間違ったシャンプー方法があります。

よくある間違いの1つがシャンプーは髪を洗うものだというイメージです。

確かにテレビのCMとかは髪のツヤやコシ、香り、洗い心地などを全面に押し出しているのでついつい誤解しがちなんですが
シャンプーは本来髪ではなく頭皮を洗うものです。

スカルプシャンプーっというのが最近多く出ていると思いますが、「スカルプ」というのは「頭皮」という意味です。

スカルプシャンプー自体が本来のシャンプーのはずなのに、髪を洗うイメージが強すぎるためか、わざわざ「スカルプ」とつけてシャンプーと売っているわけなんですね。

そしてもう一つ間違いがちなのが洗い方です。「指の腹を使って洗えばいいんでしょ?」とお思いかもしれませんがそれが間違いなんです。

確かに指の腹は使うんですが、「洗う」のではなく「マッサージ」するというほうが正確です。

洗うというとどうしても頭皮をゴシゴシ指でスライドさせながらやってしまいますがそれだと頭皮を傷つけてしまったり、
生えたての毛を摩擦に寄って抜けさせてしまうんです。

頭皮のマッサージで洗えるの?と思うかもしれませんが、指を頭皮に固定して動かすことで頭皮の毛穴につまった脂を絞り出し
さらには血行もよくできるので非常に育毛に適した洗い方なんです。

つむじをケアするための正しいシャンプーの仕方

シャンプーは指を固定して頭皮をマッサージするものとお伝えしましたが、この前にやりたいことが2つあります。

まず1つ目が髪のブラッシングです。

短髪の人は必要ありませんが、ブラッシングすることで髪についた埃やゴミを落とすことができます。

その際は髪の毛先のほうからやっていきましょう。

毛根近くからやってしまうと髪がひっかかり傷つけてしまうからです。


そして2つ目がお湯による予洗いです。

予洗いとっいっても難しいことではなく、お湯を髪にかけながら軽くすすぐだけで大丈夫です。

簡単なことですがこれをするだけで髪についた汚れの7割を落とすことができます。


この2つをやってようやくシャンプー剤を使ってのシャンプーです。

シャンプーは製品の使用量に従ってもらえればと思いますが、だいたい500円玉くらいを手にとって軽く泡立てます。

そしてそれを髪の後頭部につけて優しく泡立てていき髪全体になじませます。

泡が行き渡ったら、マッサージをしていきます。

この際にリンパの流れに沿うように、うなじの生え際から耳上、頭頂部、前頭部から頭頂部というようにやっていきます。

指はスライドさせるのではなく、都度位置を変えながらやっていきます。


全体をマッサージしたらすすいでいきます。

目安としてはシャンプー剤を使ってマッサージした時間の倍くらいです。

ここでも頭皮をゴシゴシすることなく優しく泡を落としていきます。

泡が残るとそれが頭皮の炎症の原因になってしまうので優しく流しつつもしっかり落としましょう。

スカルプDって実際どう?

私も薄毛が気になって最初に使ったのはスカルプDでした。

ハゲ対策=スカルプDみたいなところがあったので。

当時は私も全然知識がなく、スカルプDさえ使えば薄毛も解消できると思ってましたが、シャンプーでは薄毛は解消できないんですよね(-_-;)

だからといって、悪いシャンプーではないと思います。

スカルプDは何度も製品改良をしており、以前の製品では髪によくないラウレス硫酸系の成分がはいってましたが最新のものでは入ってません。

安全に使用することができるシャンプーだと思います。

ただCMなどにお金をかけているせいか、若干お値段が高いですよね。

私はその後も色々試しましたが今は「ザクロ精炭酸シャンプー」を使ってます。

この方が値段も半分、容量は倍といった感じで4倍くらいお得ですw

全然プロモーションしてないですからね、、。

ただスカルプD自体を否定しているわけではないのでよく分からいないシャンプーを使うのは嫌だからスカルプDを継続したいということであれば全く問題ないと思います。