つむじのはげを治す方法

つむじはげを治すにしてもやはり時間はかかります。そこでここでは色々なつむじはげの隠し方について紹介します。

つむじのはげを治す方法 > つむじはげの隠し方

つむじはげを治すにしてもやはり時間はかかります。そこでここでは色々なつむじはげの隠し方について紹介します。

こういう髪型がおすすめ

髪が薄いと髪型も迷いますよね。ついつい隠してしまいたくなります。

しかし、変に隠そうとするとそれが逆効果になることのほうが多かったり。

私も色々四苦八苦しましたが、やはり薄毛を隠すのであれば短髪がいいと思います。

ネットの女性の意見などもみると、下手に隠すよりも薄毛をいかした清潔感のある髪型のほうがいいという意見が多いように思えます。

確かに短髪か長髪かを単純に比べるだけでも、短髪のほうが爽やかで清潔感がありますもんね。

短髪ということを前提に、おすすめしたい髪型としては「オールバック」や「ソフトモヒカン」「ボーズ」です。

オールバックであれば髪を後ろに流せるのでつむじはげを目立ちにくくできます。

またオシャレな印象もありますよね。

つぎにソフトモヒカン。

これもトップをちょっと長めにカットすればつむじハゲが目立たない髪型に。

そしてボーズ!これは全体的に薄い印象になるのでつむじはげなのかどうかは分かりません!

ケアが楽なのもいいですね。


また仕事にもよると思いますが、髪の色を茶色っぽくすれば肌の色と近づいてハゲの印象が少なくなります。

可能であれば試してみてください。

帽子なら手軽に試せる

髪型を気にせずに隠せるのが帽子です。

帽子だと蒸れてしまうのでは?と思う方もいるかもしれませんが、確かに一日中ずっと帽子をかぶっていれば蒸れて雑菌が増えてしまう可能性がありますが
そこまでずっとかぶってることってないですよね?1時間とか2時間に1回くらいは脱いだりするはずです。

そのくらいの頻度で脱げるのであれば全く問題無いです。

むしろ夏などの紫外線が強い日は何もしないよりも帽子をかぶっていたほうが断然頭皮にとってはいいです。

日常的に帽子を使う上で気をつけたいのが帽子自体の汚れ。

頭は汗をかきやすい箇所なので、帽子も菌が沢山移ってしまいます。

汗をかいたなぁという日は洗濯や除菌スプレーなどでケアをしましょう。

そういった意味で帽子の選び方としては丸洗いができるコットン製のものとかがかなりおすすめです。

そして無地の黒のものであれば1000円ちょっとで買えます。

私自信1200円の帽子をかなりのローテーションで使ってますが、ホントケアも簡単で気に入ってます

かつらってどうなの?

アデランスやアートネイチャーなどはかつらやウィッグで有名ですよね。

確かにあれを使えば目立たなくはなります。

というかはげてるなんて分かりません。

しかし一度手を出したらもう手放せなくなることはしっかり認識しておく必要があります。

かつらやウィッグはどうしても今ある髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまいます。

継続してつかうことでより頭皮環境は悪化して髪は生えてこなくなります。

さらにはかつらなどは一度購入したらそれで終わりということではなく、日々のメンテナンスが必要になってきます。

その額も年に数十万から百万とかなり高額です。

そういったリスクも承知の上ということであれば、かつら・ウィッグを使うことも1つの方法ではないかと思います。