つむじのはげを治す方法

最近は女性も薄毛で悩んでいる人が多いです。ここでは女性のつむじの薄毛や原因について書いていきます。

つむじのはげを治す方法 > つむじはげは女性でもなる?

最近は女性も薄毛で悩んでいる人が多いです。ここでは女性のつむじの薄毛や原因について書いていきます。

女性の薄毛の原因は?

最近は女性でも薄毛で悩んでいる人が多いです。中には20代でも薄毛に悩んでいるなんて人も。

女性の薄毛で多いのが「びまん性脱毛症」というものです。女性の薄毛の約40%がこの症状です。
それ以外だとFAGAという女性の男性型脱毛症や円形脱毛症などがあります。

もっとも多いびまん性脱毛症の原因は女性ホルモンの減少や乱れによるものだと言われています。

産後に抜け毛が増えたり、更年期を境に抜け毛が増えたりするのはこの女性ホルモンが大きく変化するためなんです。

また女性ホルモンは加齢だけではなく、食生活やストレスといった日々の生活習慣の影響をもろに受けます。

20代でも薄毛の人がいるというのはこのためです。

女性でもつむじはげになるの?

男性がつむじや前髪の生え際などからはげるのは「ジヒドロテストステロン」という脱毛を促すホルモンがその箇所に多く存在しているためです。

そのためびまん性脱毛症の女性の場合は特定の箇所から禿げていくということはあまりありません。

全体的に薄くなっていってしまうのが特徴です。

ハゲ方の多い傾向としては、髪の中心部や分け目などから薄くなっていくパターンが多いです。

これはその方のこれまでのケア方法などにもよりますが、ずっと同じ分け目だったりするとどうしてもそこに負荷がかかってしまうので
他の箇所よりも頭皮も髪自体も弱くなってしまうんです。

同じような理由で髪を後ろにまとめてしばっていたりすると、その箇所の負荷が増えるのでそこから禿げていく可能性があります。

はげを防止するためにも分け目や髪型は日々変えていったほうがいいですね。

女性の薄毛の治し方

びまん性脱毛症の場合、女性ホルモンの減少が影響している可能性が大きいので
そこを中心的にケアをしていくことが重要です。

ありきたりではありますが、食事・睡眠・運動・ストレスのない生活など日々の生活習慣を健康にするのが一番の近道です。

しかしそうはいっても中々すぐに変えられるものではないと思うのでやりやすいところからお伝えします。

まず取り掛かりたいのは食事です。

髪を作る栄養も女性ホルモンも基本的には食事からとります。

基本となるところなのでまずは髪に必要な栄養をとるようにしていくのがベストです。

理想は食事からとることですが、実際髪に必要な栄養素を食事だけで網羅しようとすると
品目も量も多すぎて毎日継続して摂るのは現実的ではありません。

そこで取り入れたいのがサプリメントです。

最近では女性の薄毛に特化したサプリメントも売っています。

こういったものであれば、髪に必要な栄養だけではなく、女性ホルモンを安定させてくれるものもあるのでそういったものを選んで摂取していきましょう。